電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

電子書籍アレコレ比較2012 買う・読む・作る・売る・協会・団体

▶電子書籍 販売サイト比較
▶電子書籍 個人出版・販売サイト比較
▶電子書籍 無料サイト比較
▶電子書籍 専用リーダー 比較
▶電子書籍 協会・団体・勉強会





2010年11月15日
紙の書籍も無くならないと思いますが、2010年は「電子書籍元年」と言われ、電子書籍リーダーやスマートフォンの普及により、2011年は多くの 電子書籍販売サイトでの配信サービスが開始されました。

サイトごとに書籍のジャンルや個別の機能がありどのサイトを使用するか迷いどころです。気に入った電子書籍サイトを素早くみつけられるように電子書籍に関する情報をまとめていこうと思います。

2012年4月19日
2012年現在は数多くの個人出版が可能な電子書籍出版サイトがオープンし、電子書籍を読んだり調べていくうちに自分も出版してみたくなってきました。2012年の目標として電子書籍を出来るだけ読み、EPUB形式の電子書籍制作を理解し出来れば何かしら一冊でも出版してみたいところです。

電子書籍の販売サイト、電子書籍を作って配信できるサイト、電子書籍アプリを作れるサイトが更に増えてきました。毎月増えてきているのでチェックしきれないぐらいです。もし「このサイト・サービスを紹介しないのはありえないでしょ?」というような電子書籍に関する情報がありましたらコメントにてお教え頂けるとありがたいです。

2012年6月19日
ブログを開始して約1年が経ちました。メモ帳程度のつもりで初めたブログですが自分の予想以上に見て頂いている方がいることに驚いております。古い記事には販売サイト等の情報が現在の仕様と異なっている場合があります。お気づきでしたらお知らせください。修正します。

2012年11月12日
キンドルが発表され更に電子書籍端末の数が多くなってきました。値下げも激しくなり価格戦争状態。電子書籍ストアにとっては厳しい時期ですが、購入者にとってはどれを選択するか楽しみが増えてきた時期ではないでしょうか。





■電子書籍ストア 検索アクセスランキング 2012
当ブログ「電子書籍アレコレ」に検索からのアクセスが多かった電子書籍ストア上位3店。


●紀伊國屋書店 BookWeb
紀伊國屋書店が運営する総合オンライン書店。電子書籍だけではなく、紙の書籍も購入可能。購入した電子書籍は、マルチデバイス(PC、iPhone/iPad、Andorid)で読むことが可能。Kinoppy(キノッピー)」は、“紀伊國屋書店BookWeb”で購入した電子書籍の管理ソフト。PC版の「Kinoppy for PC」のほか、iPhone/iPad/Android版が用意されており、さまざまなデバイスで購入済み電子書籍を楽しむことができる。


●ebookjapan
株式会社イーブックイニシアティブジャパン(2000年5月設立)が運営する電子書籍販売サイト。コミックを中心に、岩波文庫や趣味・実用書など、品揃えは豊富。「週刊ポスト」「週刊現代」の記事の切り売りも行っている。イーブックイニシアティブジャパンは、電子書籍販売サイト「eBookJapan」で販売した電子書籍の累計販売数が2012年11月1日に2000万冊を突破したと発表。


●電子貸本Renta!
コミック等が100円~で、パソコン、スマートフォンなどですぐ読める、電子書籍のレンタルサイト。「これ読んでみたい!でも購入するのはちょっと…」なんて作品、ありませんか?電子貸本Renta!では、そんな作品を気軽にサクッとレンタルして読むことができます。「前にレンタルしていたあの作品、もう返却期限過ぎてるから返さなきゃ…」なんて心配もナシ。期限が過ぎたら自動返却されますので、安心してご利用いただけます!




■電子書籍、出版・販売に関する情報


●「電子書籍を無名でも100万部売る方法」★★★★
東洋経済新報社より刊行、出版社や編集者を介さず電子出版するインディーズ作家として、世界で初めて100万部の電子書籍を販売したジョン・ロック氏の電子書籍販売ノウハウの日本語版。 個人出版だけではなくネット書籍販売に関わる業界人も必読。
▶電子書籍版 2012年11月25日発売
▶単行本(ソフトカバー)版 2012年12月7日発売


●「電子書籍のルール 特別集中プログラム」
「電子書籍を無名でも100万部売る方法」の監修者でもあるLEAD CONSULTING PTE. LTD. 最高経営責任者、小谷川 拳次氏の電子書籍に関するウェブ講座。


●電子出版マーケティング 一般社団法人EWA
一般社団法人イーパブリッシング・ライターズ・アソシエーション(EWA)は電子出版マーケティング情報を支援する会員組織。会員向けに電子出版マーケティング情報誌「月刊EWA」を刊行している。




▶電子書籍 販売サイト比較
▶電子書籍 個人出版・販売サイト比較
▶電子書籍 無料サイト比較
▶電子書籍 専用リーダー 比較
▶電子書籍 協会・団体・勉強会





 
関連記事

| 日記 | 17:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑



寒い夜って…

EQc77J8o
人肌恋しくなってきたり、しない?
私は、なるなぁ・・・。一人で眠るのは寂しいよ。。
http://fQ385724.ex-summer.net/fQ385724/

| ようか | 2012/04/20 09:33 | URL |

寒い夜って…

寒い夜ですか…電子書籍でもいかがでしょうか^^

| 電子書籍アレコレ | 2012/04/20 17:55 | URL |

宮崎あ●い

1I6SmRuf
宮崎あ●い激似の超カワイコとやったったwww
マジ興奮しまくりしwww
http://0c3lRn67.you-stream.net/0c3lRn67/

| あ●い | 2012/04/28 13:03 | URL |

電子書籍出版サイト比較

WOOK、文楽、パブーの3サイトで、電子書籍出版しています。

 一番最初に出したのがWOOKだったので、使い慣れているのかもしれませんが、初期費用12600円払っただけあって、使い勝手がいいです。アクセス解析も時間・日・月で統計がとられ、グラフもあります。
 テキスト入力もできるし、PDFでの入稿もできます。また、コメント機能を使って、トップページに広告をだすこともできます。
 新作発表した時はもちろん、続きを更新した時もトップページに出ます。

 文楽はルビを打てないのがショックでした。カッコ書きしかできないのは、本としてはかなり不体裁だと思います。
 無料でも、読むにはいちいちダウンロードしなければならないというのもちょっと。
 
 PUBOOは扱っている本がかなり多いので、読む側にとってはいいですね。でも、本を出す方にとっては、自分の作品がその中で埋もれてしまう可能性大。

| junka | 2012/05/17 19:51 | URL |















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/28-4dbcf9b7

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。