電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●富士フイルム コミックなどの画像データからフィックス型EPUB3フォーマットが簡単に作成できる『GT-EpubAuthor for Fixed Layout Ver1.4』新発売


●『GT-EpubAuthor for Fixed Layout Ver1.4』
国内すべてのEPUB電子書籍リーダーに対応するオーサリングソフトウエア。コミックなどの画像データからフィックス型EPUB3フォーマットが簡単に作成できる。



富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、電子コミックや電子書籍などの画像データを国際規格のEPUB3フォーマットのファイルに出力することができるフィックス型電子書籍オーサリングソフトウエア『GT-EpubAuthor for Fixed Layout Ver1.4』(以下EpubAuthor1.4)を本日より発売いたします。

『EpubAuthor1.4』は、電子書籍リーダーにおいて世界トップシェアの「Amazon Kindle」が採用している入稿形式データや日本国内のEPUB標準フォーマット「電書協ガイドVer.1.1」に対応しており、『EpubAuthor1.4』で制作された電子書籍は、国内で入手できるすべてのEPUB対応リーディングシステムで表示することができます。
 


 
電子書籍元年と言われた今年、多くの電子書籍リーダーやスマートフォン、7インチ大の画面を持つタブレット端末などのリーディングシステムが相次いで発売されました。

しかし、コンテンツ制作の現場では、各種リーディングシステムに対応した電子書籍フォーマットを簡単に高品質で作成できるオーサリングソフトウエアは、十分に普及していません。特に、コミックや絵本、レシピ本などの実用書に用いられる画像データをそのまま電子書籍化するフィックス型フォーマットの制作には、高精細化するスマートフォンやタブレット端末の表示性能に最適な画像品質と、ネットワーク伝送に最適なデータ容量制御を両立する必要があります。

『EpubAuthor1.4』は、日本国内で入手できるすべてのEPUB規格リーディングシステムに対応し、かつ、オプションソフトウエアを組み合わせれば、簡単に高品質な電子書籍フォーマットを制作することができるオーサリングソフトウエアです。『EpubAuthor1.4』を使うことで、特定の作業者の専門知識や経験に頼ることなく、短期間で大量の電子書籍フォーマットを制作することができます。また、「Amazon Kindle」の「パネルビュー」(*7)に対応した入稿形式データを、世界で初めて、自動的に制作することを可能にしました(*8)。

今後富士フイルムでは、フィックス型電子書籍制作に特化した、より美しい画像データを生成するためのソフトウエアモジュールや機能を、電子書籍ソリューションとして順次発売いたします。これらの画像処理技術を通じて、電子書籍業界の発展に貢献していきます。



<EpubAuthor1.4の特長>

1. 「電書協ガイドVer1.1」に準拠。『EpubAuthor1.4』で制作したフォーマットは、「Amazon Kindle」をはじめ、国内で入手可能なすべてのEPUB電子書籍リーディングシステムで表示できます。

2. 画像最適化ソフトウエア『GT-Quality』(オプションソフトウエア)との連動で、当社独自の画像処理技術により、ファイル容量(タイトル込み)や画像サイズ(ピクセル数)を指定してコミック画像の高解像度マスターデータを変換し、高画質でコンパクトな電子書籍フォーマットを制作できます。

■ 『GT-Quality』でファイルサイズ制御:ファイルサイズを正確・精密に制御できます。「1冊150ページを20MB以内で」といった出力指定ができます。

3. 電子コミックのコマ自動検出ソフトウエア『GT-Scan』(オプションソフトウエア)との連動で、コミック画像からマンガのコマと読み順を自動抽出し、「Amazon Kindle」独自の機能である「パネルビュー」に対応した入稿形式データを自動で作成できます。

ページビューから、コミック用に開発された「パネルビュー」に切り替えると、画面が拡大パネルで表示され、パネルやコマごとにスムーズにコミックを読み進めていくことができます。

従来「パネルビュー」に対応する入稿形式データの制作は、画像処理ソフトウエアを使って手作業にて範囲指定などを行わなければならず、作業に時間がかかり、コストアップとなっていたため、ラインアップされにくい状況にありました。富士フイルムでは『EpubAuthor1.4』と『GT-Scan』との組み合わせで、この「パネルビュー」対応の入稿形式データを、世界で初めて、自動的に制作することを可能にしました。

ニュースリリース
2012年12月17日
富士フイルム株式会社
関連記事

| EPUB 作成ソフト・書籍 | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/267-08a915d0

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。