電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●『BookLive!Reader Lideo(リディオ)』約9万5000冊の電子書籍サービスを簡単に利用できる電子書籍専用端末。 ●12月10日より三省堂書店および総合電子書籍ストア「BookLive!」等において販売。



約9万5000冊の電子書籍サービスを誰もが簡単に利用できる
電子書籍専用端末『BookLive!Reader Lideo(リディオ)』

通信料不要のWiMAX搭載、国内で使用される主要電子書籍フォーマットに対応した電子書籍端末を8,480円(税込)で提供。

 国内最大級 10万冊以上の総合電子書籍ストアを運営する、株式会社BookLive(本社:東京都台東区、代表取締役社長 淡野 正、以下:BookLive)は、「いつでも、どこでも、だれにでも。読みたい本を読みやすく」を実現するため、株式会社 三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井 忠雄、以下:三省堂書店)、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 遠藤信博、以下:NEC)、UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂 章雄、以下:UQ)と共に、新しい電子書籍専用端末『BookLive!Reader Lideo(以下:Lideo)』を価格8,480円(税込)にて、12月10日より、三省堂書店および総合電子書籍ストア「BookLive!」等において販売を行います。

 従来の電子書籍サービスの多くは、本を読むまでに、たくさんのプロセスが必要で、誰もが気軽に使えるものではありませんでした。『Lideo』は、煩雑な手続きを面倒に感じるシニア世代や、電子機器の操作が苦手なビギナーにも使いやすい端末と販売方法を実現・展開しています。


 6インチのモノクロ電子ペーパーを採用した『Lideo』の特徴は、まず操作が簡単な点です。初期設定では、各端末が固有のIDを持つため、メールアドレスの入力も必要とせず、箱から出して電源を入れた後、誕生日・性別の入力とパスワード設定だけのワンステップで初期設定が完了し、クレジットカード情報を入力*1すれば、すぐに電子書籍を購入し、読書ができるようになります。端末の操作は、タッチパネルだけではなく、日本語で表記されたハードウェアボタンを採用しているため、書籍の購入や本棚の確認、文字の拡大・縮小など、迷うことなく様々な操作を直接行うことができます。使い方がわからない時には、紙の「ご利用ガイドブック」を同梱しているため、インターネットにアクセスして、ヘルプを見る、などの作業が不要で操作方法をすぐに確認することができます。*1WebMoney、BitCash、三省堂書店での店頭決済にも対応しています。

 『Lideo』の最大の強みは、国内最大級の約10万冊を取り扱う、総合電子書籍ストア「BookLive!」の書籍のうち、約9万5000冊*2を本端末で購入することができる点です。株式会社角川グループパブリッシング、株式会社 幻冬舎、株式会社講談社、株式会社 集英社、株式会社小学館、株式会社 新潮社(五十音順)をはじめとした多くの出版社様のご協力のもと、最新刊から名作、過去の懐かしいベストセラー、人気の漫画に、BookLiveオリジナルの本、無料の書籍まで、端末を手にしたその日から読むことができます。また、スマートフォン、タブレット、PC向けの「BookLive!」サービスと連携することで、購入した書籍を様々な端末で楽しむことが可能です。*2楽譜等を含まず。

 『Lideo』には、3Gを超えるUQ WiMAXによる通信機能を搭載しており、全国人口カバ―率*3が約93%と広範囲のエリアをカバーし、下り最大40Mbpsでの高速通信が可能です。WiMAXを利用するにあたり事前の登録は不要で、通信料はBookLiveが負担するため、お客様には請求されません。サービスエリア内では、Wi-Fi(無線LAN)ネットワークがなくてもWiMAXによる高速アクセスによる電子書籍の購入が可能になります。

 端末はNECが供給しています。無線データ通信に対応した6インチのEインク電子ペーパー端末としては、世界最小・最軽量*4の約170g、幅110×高さ165×厚さ9.4mmを、実現しています。持ち運びやすい、片手で持っても疲れない本体に、約4GBの記憶容量が搭載されており、小説であれば約3000冊*5を格納でき、旅行や自分の愛蔵書を常に持ち運んだり、辞書を引いたりすることもできます。バッテリーは約1ヵ月、充電無しで利用が可能です。搭載されているリーダーソフトウェアは、日本で主力となっている、.bookやXMDFなどに加え、今後主力となると思われるEPUBなど、国内で使用される主要な電子書籍フォーマットに対応しています。*4BookLive調べ *5小説1冊を、1MBで算出

 端末の販売では、全国に店舗展開をする三省堂書店において対面販売を行います。『Lideo』の購入時に最低限必要な登録をその場で行うことができる等、様々なサポートを行います。その他は総合電子書籍ストア「BookLive!」での直販にて購入することができます。

 『Lideo』は、11月8日より、三省堂書店店頭、11月19日より、総合電子書籍ストア「BookLive!」にて、予約の受付を開始します。また、12月10日の端末販売開始時には、タレントのピース又吉さん、ピース綾部さんを起用したキャンペーンを展開し、より多くの方々がもっと読書する機会を増やしたい!と思う取り組みを行なっていきます。

■各社の役割
三省堂書店 :端末の販売、プロモーション
NEC :端末の供給
UQ :通信ネットワークの提供
■本端末発売の背景
従来の電子書籍サービスでは、本を読むまでの設定等が難しく煩雑であったため、利用が進まないといったことが課題でした。また、当社の独自の調査により、現在の電子書籍サービスは、主にスマートフォン、タブレットで利用されており、10‐30代ではスマートフォン、20‐50代ではタブレットによって、電子書籍が利用されています。少子高齢化がさらに加速する現在の国内市場において、多読であるといわれる50代後半以上での電子書籍利用率が低く、当該世代および電子機器利用を苦手とする層に対し、「箱から出してすぐに使える」という特徴を持った電子書籍端末『Lideo』を提供することで、電子書籍市場の拡大とともに、売り上げ規模の拡大を目指します。

『BookLive!Reader Lideo』の概要
12月10日発売/8,480円

モデル名/型番:Lideo
画面:6インチ 電子ペーパー
記憶容量/メモリ:4GB
専用ボタン:本棚ボタン、書店ボタン、メニューボタン、戻るボタン、文字ボタン
外形寸法(突起部含まず):110(幅)×165(高さ)×9.4(厚さ)mm 
質量:約170g
駆動時間:約1ヵ月※

2012年11月7日 プレスリリースより
 通信  UQ WiMAX、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)



●BookLive!Reader Lideo
http://booklive.jp/feature/index/id/bl121top
関連記事

| 電子書籍 ビューア・リーダー | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/243-cff74ef0

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。