電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

■Paboo(パブー) 個人出版可能な電子書籍作成・販売プラットフォーム ●Kindleストアを始め外部ストアへ配信できるパブーのプロ版正式版とは 



■パブー(Puboo)
パブーは約40万人の会員がいる読書コミュニティサイト「ブクログ」と連携しています。パブーでつくった本をブクログの本棚に並べて宣伝したり、レビューを書いて読んだ本の読書管理ツールとしても利用可能。TwitterやFacebookやmixiなど、SNSサービスとも連携。知名度大。

●販売手数料
30%

●データ形式
EPUB、PDF



■Paboo(パブー)最新情報

●2012年12月06日
Kindleストアを始め外部ストアへ配信できるパブーのプロ版正式版をリリース。『プロ版』の正式リリースと同時に、外部の電子書籍販売ストアへ作品を配信できる「外部ストア連携機能」において、「Kindleストア」との連携を開始いたします。

例:販売価格1,000円の電子書籍の場合著者の売上
パブー 700円(販売価格の70%)
Kindleストア New! 350円(販売価格の35%)
koboイーブックストア 500円(販売価格の50%)

パブーのプロ版利用料
月額525円(税込)※2012年12月31日まではお試し価格として月額315円(税込)でご利用いただけます。▶詳細ブクログからのお知らせ

●2012年08月08日
佐々木俊尚氏がブチ切れ!!? 
電子書籍サイト「パブー」の手数料変更問題

2012年08月02日
電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」電子書籍を定期公開・月額課金方式で販売できる『連載機能』を開始~佐々木俊尚氏の人気有料メルマガも電子書籍として連載スタート~

GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)の連結会社で、電子書籍関連事業を展開する株式会社ブクログ(代表取締役:吉田健吾 以下、ブクログ社)は、電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」において、電子書籍の定期公開ができる『連載機能』の提供を本日2012年8月2日(木)より開始いたします。
 『連載機能』は、有料メールマガジンのように、月額課金方式で定期的に読者へ電子書籍を提供できる、「パブー」のプロ版※1でご利用いただける機能です。
※1:「パブー」のプロ版とは、月額525円(税込)で高機能なパブーをご利用いただけるプランです。現在、お試し価格として月額315円(税込)で提供中です。


 
【「パブー」の連載機能について】
 近年、TwitterやFacebookをはじめとするソーシャルメディアの普及によって、個人の情報発信力が飛躍的に向上しています。この背景を受け、読者に対して月額課金による購読料で定期的にコンテンツを配信する有料メールマガジンが再び注目を集めています。
 今回「パブー」が提供開始する『連載機能』は、有料メールマガジンのように、定期購読希望者に対し月額課金方式で電子書籍を提供できる機能です。電子書籍リーダーや、スマートフォンなどで閲覧可能なEPUB/PDF形式に対応した電子書籍用フォーマットでコンテンツを作成できるので、メールマガジンのようなテキストはもちろん、メールマガジンでは取り扱うことの難しい漫画や小説、写真集などのリッチコンテンツでの連載も可能です。
 また「パブー」は、ブログのようなインターフェイスなので、ブログやメールマガジンの配信とほぼ変わらない工程で誰でも簡単に電子書籍の作成、販売ができます。
 「パブー」では、『連載機能』の提供を通じて、作者が定期的に収入を得られる仕組みをご提供すると共に、読者に対して気に入った作品を定期購読できる仕組みをご提供いたします。

■購読料や連載間隔、作品ジャンルを作者が自由に設定できる、ユーザーフレンドリーな設計
 『連載機能』では、購読料や連載間隔の設定、作品ジャンルの選択ができます。購読料は月額10円以上、連載間隔は作品の公開ペースに合わせて日刊や週刊、隔週刊、月刊など、1ヶ月以内で自由に設定できるのが特長です。
 連載作品に設定できるジャンルは漫画、小説、ビジネス、料理・レシピなど、幅広く取り揃えているので、作品にマッチしたジャンルを選択することができます。

■「kobo Touch」などの電子書籍リーダーや、スマートフォンなどで閲覧可能
 「パブー」で作成した電子書籍は、電子書籍用フォーマットであるEPUB/PDF形式に対応しているので、読者ユーザーはkobo Touch(コボ タッチ)、Sony Reader(TM)をはじめとする電子書籍リーダー、iPhone(R)、iPad(R)などのスマートフォンやタブレット端末から、いつでも手軽に電子書籍を閲覧することができます。

<『連載機能』 概要>
利用対象者:「パブー」のプロ版 ご契約ユーザー
公開開始時期:即時(無料サンプル号の公開が必須)
手数料:販売価格の30%
審査の有無:有(公開後の審査)
月額購読料の設定:最低10円から
連載間隔の設定:最低月1回の発行


●パブー 電子書籍を公開できる連載機能リリース詳細




初期投資が基本無料の電子出版サービス
●ブクログのパブー
●電子書籍の出版・販売サービス forkN
●電子出版ポータルサイト文楽



●電子書籍 個人出版・販売サイト比較
関連記事

| 電子書籍 出版・配信・販売サイト | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/23-a919ff9b

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。