電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

GALAPAGOS STORE (ガラパゴスストア)GALAPAGOS(ガラパゴス)

●GALAPAGOS STORE (ガラパゴスストア)
シャープの総合電子書籍サービス。Androidタブレット・スマートフォンのアプリが必要。
http://galapagosstore.com/web/btop

●GALAPAGOS(ガラパゴス)
シャープの電子ブックリーダー(タブレット)と電子書籍配信サービスの名称。スマートフォンのブランド名としても使用。

●GALAPAGOSアプリ
新刊や話題の書籍をはじめ、コミック、雑誌、新聞など、多彩なジャンルを揃えた国内最大級の総合電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」を楽しむためのアプリ。

端末メーカーのシャープとして、電子書籍アプリの使い勝手にこだわってます。サクサク・快適動作はもちろんのこと、画像サイズが限られるスマートフォンでも読みやすい工夫や、電子書籍ならではの便利機能が満載ということになっている。詳細ページ

●GALAPAGOSメディアタブレット
・EB-A71GJ-B
・A01SH


 
●携帯電話におけるガラパゴス化とは
チャールズ・ダーウィンが進化論の着想を得た太平洋上の島、ガラパゴス諸島から命名されている。時代や環境の変化に合わせて最適化して進化していくという意味を込めた名称であるとされる。

携帯電話におけるガラパゴス化とは、日本市場向け携帯電話が閉鎖的な環境で特異な形に進化してしまったために、日本国外の市場では通用しないものになってしまった状況を揶揄するものであり、それを携帯端末の名称に用いた命名は自虐的なものであるとも受け取られた。

「GALAPAGOS」が販売を開始した同年(2010年)の新語・流行語大賞には、こうした日本市場向けの携帯電話機種(フィーチャー・フォン)を意味する「ガラパゴス(ガラケー)」がノミネートされている。シャープの社内ではこうした命名に賛否が分かれたというが、スマートな名前や社会的な枠組みを良しとする名称や社会的な価値観に対して一石を投じ、また耳に残る名前をという思惑もあって、この名称に決められたという。wikipedia





■電子書籍ストア 検索アクセスランキング 2012
当ブログ「電子書籍アレコレ」に検索からのアクセスが多かった電子書籍ストア上位3店。

●紀伊國屋書店 BookWeb
紀伊國屋書店が運営する総合オンライン書店。電子書籍だけではなく、紙の書籍も購入可能。購入した電子書籍は、マルチデバイス(PC、iPhone/iPad、Andorid)で読むことが可能。Kinoppy(キノッピー)」は、“紀伊國屋書店BookWeb”で購入した電子書籍の管理ソフト。PC版の「Kinoppy for PC」のほか、iPhone/iPad/Android版が用意されており、さまざまなデバイスで購入済み電子書籍を楽しむことができる。

●ebookjapan
株式会社イーブックイニシアティブジャパン(2000年5月設立)が運営する電子書籍販売サイト。コミックを中心に、岩波文庫や趣味・実用書など、品揃えは豊富。「週刊ポスト」「週刊現代」の記事の切り売りも行っている。2012年11月02日、イーブックイニシアティブジャパンは、電子書籍販売サイト「eBookJapan」で販売した電子書籍の累計販売数が11月1日に2000万冊を突破したと発表。

●電子貸本Renta!
コミック等が100円~で、パソコン、スマートフォンなどですぐ読める、電子書籍のレンタルサイト。「これ読んでみたい!でも購入するのはちょっと…」なんて作品、ありませんか?電子貸本Renta!では、そんな作品を気軽にサクッとレンタルして読むことができます。「前にレンタルしていたあの作品、もう返却期限過ぎてるから返さなきゃ…」なんて心配もナシ。期限が過ぎたら自動返却されますので、安心してご利用いただけます!



▶電子書籍 販売サイト比較
▶電子書籍 個人出版・販売サイト比較
▶電子書籍 無料サイト比較
▶電子書籍 専用リーダー 比較
▶電子書籍 協会・団体・勉強会



■電子書籍、出版・販売に関する情報

●「電子書籍を無名でも100万部売る方法」★★★★★
東洋経済新報社より刊行、出版社や編集者を介さず電子出版するインディーズ作家として、世界で初めて100万部の電子書籍を販売したジョン・ロック氏の電子書籍販売ノウハウの日本語版。 個人出版だけではなくネット書籍販売に関わる業界人も必読。

●「電子書籍のルール 特別集中プログラム」
「電子書籍を無名でも100万部売る方法」の監修者でもあるLEAD CONSULTING PTE. LTD. 最高経営責任者、小谷川 拳次氏の電子書籍に関するウェブ講座。

●電子出版マーケティング 一般社団法人EWA
一般社団法人イーパブリッシング・ライターズ・アソシエーション(EWA)は電子出版マーケティング情報を支援する会員組織。会員向けに電子出版マーケティング情報誌「月刊EWA」を刊行している。


 
関連記事

| 電子書籍 販売サイト | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/202-6d23b972

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。