電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

個人作家向け電子書籍資金調達サイト「Yomuca」

●個人作家向け電子書籍資金調達サイト「Yomuca」

本を出してみたい著者の人へ
Yomucaは自分では実現困難と思われていた電子書籍の公開と販売を、まずは自分のアイディアを 公開して、読みたいと立候補してくれる読者兼支援者を発見できます。 あなたの頭の片隅にあるアイディアの可能性をためしてみましょう! また、各読者(支援者)に50円の電気代を支援してもらうことにより 電子書籍の作成環境を整えることが出来ます。 もしアイディアや書いてみたいストーリーがありましたら、気軽に”プロット投稿”より送信して下さい。

著者を支援したい読者へ
読者はYomucaでしか発見できない未完成の本のアイディアに支援(FT)することで、 お礼として、本を公開後に無料で読むことが出来ます。FTとはFutureからきた造語でクリエイターの未来を応援するという意味が込められています。

支援とお礼について
読者は支援を1FT(50円)という形で行うことができます。 本によって目標到達FTが異なり(定価の10分の1)、目標まで到達した場合のみ お礼として完成した本を無料で読むことできます。 尚、目標FT数に達成しない場合でも作者の未来のために支援金を寄付いたします。

本の作成・配布方法
本はテキスト、WORD, Powerpointなどの原本を送って頂ければ、Yomuca側でPDFに変換させて頂きます。
本の支援者または購入者はPDF形式で本をダウンロードして読むことができます。


 
日本の電子書籍界にもクラウドファンディング時代が到来、電子書籍資金調達サイト「Yomuca」で成約第1号

【編集部記事】日本の電子書籍界にも、ついにクラウドファンディングの時代が到来したようだ。株式会社Yomuca(本社:東京都新宿区)が今年3月にオープンした個人作家向け電子書籍資金調達サイト「Yomuca」で、成約第1号となる作品が誕生した模様。【hon.jp】2012-06-12 11:39:18

クラウドファンディング
不特定多数の人から資金を集める行為である。群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、製品開発やイベントの開催、チャリティなどの用途で利用されることが多い。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。wikipedia
関連記事

| 電子書籍 ニュース | 18:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/181-ec7ee2a2

まとめtyaiました【個人作家向け電子書籍資金調達サイト「Yomuca」】

●個人作家向け電子書籍資金調達サイト「Yomuca」本を出してみたい著者の人へYomucaは自分では実現困難と思われていた電子書籍の公開と販売を、まずは自分のアイディアを 公開して、読

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 10:33 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。