電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ConTenDo(コンテン堂)アイプレスジャパン株式会社の電子書籍ストア

●ConTenDo コンテン堂

デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤 隆、以下:アイプレス)は、「読みたい本を読みたい時に読める電子書籍」を実現するために、WindowsパソコンやAndroidタブレットおよびAndroidスマートフォン向け電子書籍ストア「ConTenDo|コンテン堂(コンテンドウ:以下:コンテン堂)」を、2012年6月4日(月)より本オープンします(ベータ版は3月末オープン済み)。

■文芸書・美術書など5,000点を販売。2013年3月までに30,000点に拡充見込み
オープン当初(スタート時)「コンテン堂」は、文芸書、美術書、動画(映像)を中心とした電子書籍を約5,000点から販売を開始し、2013年3月までには30,000点に拡充していく予定です。コンテンツ拡充を進めるとともに、新刊やコミック、雑誌なども含めデジタルコンテンツの交差点となる総合コンテンツストアを目指します。

■話題の「EPUB3」縦書き文庫130冊、無償プレゼントキャンペーンも

なお、アイプレスジャパンでは、「コンテン堂」の開設を記念して、次世代の主力フォーマットとして期待されている「EPUB3」縦書きの想隆社文庫を約130冊、無償プレゼントするキャンペーンを展開します。

■コンテン堂の主な特長
コンテン堂は、「読みたい本を読みたい時に読める」を実現するためにいくつかの技術的な仕組みに取り組んでいます。


1) オフライン時の閲覧
・ネット環境が弱い地域でも読書を楽しめます。
・地下鉄や新幹線などの電車内でも途切れることなく閲覧が可能です。
・長期休暇中に別荘や避暑地などに重量のかさばる書物を大量に持ち込む必要がありません。

2) 端末認証不要
・好みの端末での閲覧を実現し、読書時の端末を容易に変更可能です。

3) eレンタル機能
・eレンタルは閲覧期間限定特価のコンテンツ販売サービスです。
・低コストで読書を楽しめるものです(有料の図書館のように)。
 ※閲覧期間はタイトルにより異なります。
 ※eレンタル価格はタイトルにより異なります。



【例】「おとなの楽習1 数学(自由国民社)」の場合
紙書籍の価格:1,260円(税込) (注:コンテン堂では紙書籍は取り扱いません)
コンテン堂「電子書籍価格」     :630円(税込)(50%OFF)
コンテン堂「eレンタル価格(31日間)」:150円(税込)(約88%OFF)
http://contendo.jp/Product/Detail/Code/J0010001BK0000001001/

4) オープン記念キャンペーン
・EPUB3の縦書き文庫を約130作、会員登録者にもれなく無償プレゼント
・今後の発展が期待されるEPUB3の縦書きコンテンツをいち早く体験しましょう。
・EPUB3コンテンツ制作は想隆社 http://soryu-sha.jp/
・ダウンロード可能期間は2012年12月31日まで
http://contendo.jp/Product/List/Genre/0021/

「ConTenDo|コンテン堂」の詳細は以下の通りです。

■「ConTenDo|コンテン堂」概要
公開    : 2012年6月4日
取扱ジャンル: 小説、実用書、写真集、絵本、コミック、雑誌、映像(含、予定。ジャンルについては順次追加予定)
対応OS   : Windows(Androidは6月下旬、iOSは年内対応予定)
規格    : EPUB、EPUB3、PDF、XMDF、ドットブック、その他
配信形式  : ダウンロード
販売形式  : 都度課金
価格帯   : 単品販売 約105円(税込)~(予告無く変更する場合があります)
レンタル  : 閲覧期間限定販売あり
試し読み  : 立ち読み版および無償版あり(タイトルにより未設定)
その他   : 会員制(無料)
URL     : http://contendo.jp

■「ConTenDo|コンテン堂」サイトデザインについて
サイトにはXingデザインを採用し、どのようなジャンルのコンテンツでも表紙・ジャケットが引き立つように設計されています。Xingは大手外資系広告代理店出身者を主体に構成されるクリエイティブ戦略企業です。クライアントにはポルシェ ジャパン株式会社や日本ユニシス株式会社、株式会社ローソンなどそうそうたる企業が並び、BtoBからBtoCの高級品に至るまで幅広い分野でデザインを手がけています。 http://www.xing-inc.com/

■アイプレスジャパン概要
社名    :アイプレスジャパン株式会社
資本金   :1,000万円
設立日   :2010年10月5日
本社所在地 :千葉県流山市前平井61番地 ESSビル
東京オフィス:東京都新宿区新宿1-27-2 ルミエール御苑
代表者名  :齋藤 隆
事業内容  :デジタルコンテンツ著作権保護サービス、電子書籍ストア運営





■電子書籍ストア 検索アクセスランキング 2012
当ブログ「電子書籍アレコレ」に検索からのアクセスが多かった電子書籍ストア上位3店。

●紀伊國屋書店 BookWeb
紀伊國屋書店が運営する総合オンライン書店。電子書籍だけではなく、紙の書籍も購入可能。購入した電子書籍は、マルチデバイス(PC、iPhone/iPad、Andorid)で読むことが可能。Kinoppy(キノッピー)」は、“紀伊國屋書店BookWeb”で購入した電子書籍の管理ソフト。PC版の「Kinoppy for PC」のほか、iPhone/iPad/Android版が用意されており、さまざまなデバイスで購入済み電子書籍を楽しむことができる。

●ebookjapan
株式会社イーブックイニシアティブジャパン(2000年5月設立)が運営する電子書籍販売サイト。コミックを中心に、岩波文庫や趣味・実用書など、品揃えは豊富。「週刊ポスト」「週刊現代」の記事の切り売りも行っている。2012年11月02日、イーブックイニシアティブジャパンは、電子書籍販売サイト「eBookJapan」で販売した電子書籍の累計販売数が11月1日に2000万冊を突破したと発表。

●電子貸本Renta!
コミック等が100円~で、パソコン、スマートフォンなどですぐ読める、電子書籍のレンタルサイト。「これ読んでみたい!でも購入するのはちょっと…」なんて作品、ありませんか?電子貸本Renta!では、そんな作品を気軽にサクッとレンタルして読むことができます。「前にレンタルしていたあの作品、もう返却期限過ぎてるから返さなきゃ…」なんて心配もナシ。期限が過ぎたら自動返却されますので、安心してご利用いただけます!



▶電子書籍 販売サイト比較
▶電子書籍 個人出版・販売サイト比較
▶電子書籍 無料サイト比較
▶電子書籍 専用リーダー 比較
▶電子書籍 協会・団体・勉強会



■電子書籍、出版・販売に関する情報

●「電子書籍を無名でも100万部売る方法」★★★★★
東洋経済新報社より刊行、出版社や編集者を介さず電子出版するインディーズ作家として、世界で初めて100万部の電子書籍を販売したジョン・ロック氏の電子書籍販売ノウハウの日本語版。 個人出版だけではなくネット書籍販売に関わる業界人も必読。

●「電子書籍のルール 特別集中プログラム」
「電子書籍を無名でも100万部売る方法」の監修者でもあるLEAD CONSULTING PTE. LTD. 最高経営責任者、小谷川 拳次氏の電子書籍に関するウェブ講座。

●電子出版マーケティング 一般社団法人EWA
一般社団法人イーパブリッシング・ライターズ・アソシエーション(EWA)は電子出版マーケティング情報を支援する会員組織。会員向けに電子出版マーケティング情報誌「月刊EWA」を刊行している。


 
関連記事

| 電子書籍 販売サイト | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

















非公開コメント:

http://ebook2010.blog.fc2.com/tb.php/175-b36360e0

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。