電子書籍 アレコレ 比較 2013

電子書籍に関するニュースや出版・販売・無料サイトの情報

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

電子書籍アレコレ比較2012 買う・読む・作る・売る・協会・団体

▶電子書籍 販売サイト比較
▶電子書籍 個人出版・販売サイト比較
▶電子書籍 無料サイト比較
▶電子書籍 専用リーダー 比較
▶電子書籍 協会・団体・勉強会
スポンサーサイト

>> Read More

| 日記 | 17:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本アマゾンのサイトデザインが海外アマゾンのようなデザインに変更。キンドル日本サイトオープン間近?


●日本のアマゾン カテゴリー本・漫画・雑誌

日本アマゾンのサイトデザインが海外アマゾンのようなデザインに変更されました。以前の日本サイトは青いラインが入っていたような気がします。そろそろキンドル日本サイトオープン間近ということでしょうか?

>> Read More

| 日記 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1番役に立つサイトはどれだ

●ブログ「1番役に立つサイトはどれだ」
http://blog.livedoor.jp/keynetworks/

●2012年03月12日
電子書籍ストアを比較しているサイトを調べて見ました


本の電子化が進み、電子書籍を扱うストアも増えてきました。
漫画や小説、雑誌などどのストアに行けば希望のものが見つかるのか探すのも大変です。
なので今回は電子書籍ストアの色々を調べてみました。

私は電子書籍初心者なのですが、下記が1番わかりやすかったです
↓↓↓↓↓↓↓↓
電子書籍 販売サイト 比較 2012
特長・支払い方法・閲覧方法/形式が分かりやすく整理されています。
小説・漫画・絵本と幅広いジャンルのストアが掲載されているので一度に探せて便利だと思います。

>> Read More

| 日記 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

●夏休み 電子書籍と旅する男 2012



●夏休み 電子書籍と旅する男 2012
iPadなどタブレットPCやスマートフォンや専用リーダーがあれば容量に余裕がある限り何冊でも本が持ち運べる時代となりました。

電子書籍のメリットは電波の届かない場所でも読める物が多いこと…お気に入りの電子書籍を詰め込んで旅に行きませんか?普段は家で寝ながらや通勤時間に読んでいた電子書籍、一度読んだ本でも読む場所が変わると違った印象になるかもしれません。

●eBookJapan”は日本最大のマンガ(電子書籍)販売サイト
●電子書籍のレンタルサイト「電子貸本Renta!」
●書籍と電子書籍のハイブリッド書店 honto
●日本最大の電子書籍販売サイト・電子書店パピレス
●紀伊國屋書店が運営するインターネット書店BookWeb

上の動画はNHKの朝の番組でおなじみ大野雄二さんの「小さな旅」
私の中でダッシュで一人旅に出てみたくなるNo.1!別に一人旅でなくてもよいのですけどね…

>> Read More

| 日記 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

FC2 新無料LANサービス FC2WiFi 正式リリース

●FC2 無料LANサービス
ネットも人も無料でつながろう

FC2WiFiは外出先でも気軽にインターネットが使えるサービスです。ご利用はとっても簡単!メールアドレスを登録するだけで誰でも無料でインターネットをお使いいただけます。さらにFC2WiFi専用ルーターを設置すれば自分でアクセスポイントを設置することも可能。店舗の宣伝に、自分用のWiFiスポットにぜひご活用ください!

>> Read More

| 日記 | 12:12 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

ソニー年内1万人削減 電子書籍リーダーの行方は?

 ソニーは年内にも従業員約1万人を削減する。グループ全体の約6%に相当する。化学事業や中小型液晶事業の再編などに伴う5000人程度の人員減に加え、国内外で約5000人を削減する見込みだ。同社は主力のテレビ事業の不振で2012年3月期まで4期連続の最終赤字が続いている。●2012/4/9 14:05日本経済新聞 電子版

●サムスンに押され…ソニーが1万人の人員削減。●2012年04月10日09時54分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

●ソニー、PSPで配信されていたコミックコンテンツ配信サービスが2012年中に終了することが発表された。●DIGITALdigi2(デジ通)2012年02月20日10:00

●ソニー Palm OS搭載PDA、CLIE(クリエ)2005年7月撤退
Palm OSを含めたPDA全体の進化がスマートフォンに志向したことで、トレンドから外れたCLIEの高機能化路線は海外の個人ユーザーに受け入れられなくなり、2004年6月には同年秋以降の海外での新機種投入の終了を発表した。その後も日本国内では動画や写真の閲覧に重点を置いたPEG-VZ90を発売したが、2005年2月には、同年7月をもって全ての機種の生産を終了することを発表、これによりPalmメーカーは日本市場から完全撤退となった。●wikipedia



●ソニー電子書籍リーダー“Reader”(リーダー)
電子書籍が紙を上回ったアマゾン・キンドル(日本では事業展開されず、個人輸入等でなければ入手出来ない)と比べると、相対的にはあまり成功していない。

コンテンツの少なさ - 徐々に増えているが、2012年1月13日現在、書籍が25,595冊[1]、コミックが10,014冊と米ソニー・リーダーの120万冊やアマゾン・キンドルの95万冊(但し全て洋書)に比べると圧倒的に少ない。

紙媒体と比べての割安感の低さ - 電子書籍のメリットとしてコストの安さがあり、ソニーでも電子書籍の方が紙よりも安いが、その価格差は出版社や出版日によってまちまちであり、約1万円の端末代が加算されると紙の書籍よりもコスト安になるには大量の書籍(1冊あたり約100円の差額として、約100冊)を購入する読者のみとなる。●wikipedia

>> Read More

| 日記 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

気になる書籍 嫌「韓」第二幕! 作られた韓流ブーム  (別冊宝島)

嫌「韓」第二幕! 作られた韓流ブーム
(別冊宝島) (別冊宝島 ノンフィクション) [大型本]

内容紹介
韓国ドラマが多すぎるとフジテレビにデモをかけたメンバーの真意は日本の文化を守ること。韓国が国策で韓国芸能を売り込み、それを電通が仕掛け、ブームを作り出し、桜を使ってまで、俳優、K-POP人気を作り出しています。そして日本のテレビ局の金欠状態がそれを助長しています。一方、日本で愛想を振りまく、スターたちは韓国では独島と叫び、反日キャンペーンに精を出しています。その現実を徹底的に暴露する一冊です。

電子書籍ではありませんが気になる書籍…
かなり反響が大きく売れ行きも凄いとのことです。
私も気になってます。買ってしまうかも…

この手の書籍は後追いでも
出せる出版社と出せない出版社が
明確にわかれそうですね。
出せない出版社は…どこでしょうかね?


嫌「韓」第二幕! 作られた韓流ブーム
(別冊宝島 ノンフィクション)



>> Read More

| 日記 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。